スペシャルトークセッションその1(「アルタナの神兵」の今後・カンパニエ・メイジャンの試練)
スペシャルトークセッションその2(ジョブ調整)
スペシャルトークセッションその3(レベルキャップ解放・アビセア)
スペシャルトークセッションその4(今後のあれこれ)
ノマドモグボナンザ & スペシャルminiライブ & シークレットボーナスステージ
スペシャルトークセッションでは、プロデューサー/田中 弘道をはじめ、ディレクター/小川 公一、バトルディレクター/松井 聡彦、プランナー/藤戸 洋司、プランナー/伊藤 泉貴、グローバルオンラインプロデューサー/Sage Sundiが登場し、ファイナルファンタジーXIの次回バージョンアップや、今後の方向性についての発表を行いました。

※いずれの発表内容も調整中のものであり、変更される可能性があります。

「アルタナの神兵」ミッション/クエスト

ミッション続報
次回バージョンアップでは、新たな「アルタナの神兵」ミッションが追加されます。

連合軍はついにバルドニアへ向けて進軍する。だが、各国とも疲弊の色は隠せない……。
そんな困窮した状態の中、鉄鷹騎士隊、ラジュリーズ・B・バルマ指揮による大々的な作戦が展開されようとしている。
ズヴァール城最深部、王の間へ至る回廊。
とあるインプが、得意気に指し示すその先にたたずむ巨大な影の正体は一体何者か……?
アトモスによる未来の可能性への侵食は過去だけでなく現代へも影響が出始めた。 突如、サンドリア上空に出現した巨大な彗星。過去の世界とは比べ物にならないその大きさが示す答えとは……?
非常に気になりますが、続きは、ぜひ皆さん自身の目で確かめてください。
なお、「アルタナの神兵」ミッションは次回のバージョンアップも含め、あと2回で完結する予定です。
3国クエスト続報
「アルタナの神兵」3国クエストは次々回のバージョンアップで完結し、クエストをクリアした際の報酬も導入される予定です。

カンパニエ

次回バージョンアップではカンパニエに以下の内容が導入される予定です。

 ・勲章の解放
 ・カンパニエopsの追加
 ・ズヴァール城の解放
 ・報酬の追加
新たに追加される報酬には、カンパニエ中に登場するNPC専用のウェポンスキルを使うことができる武器が追加されます。
また、ズヴァール城の解放に伴い、特定の条件を満たすことで、闇の王と戦うことができるようになります。見事、闇の王との戦闘に勝利を収めることができたあかつきには、素晴らしい戦利品を手にすることができるでしょう!

メイジャンの試練

「メイジャンの試練」はレベル75のプレイヤーを対象とした新しいクエスト群の総称です。
クエストの系統
クエストはいくつかの系統に分類され、クエストを進めていった際に得られるものが異なります。
以下に紹介するもの以外にも系統の追加を検討しています。

・武器系
 武器の強化が行なえます。

・防具系
 防具の強化が行なえます。

これらのクエストは、今後のバージョンアップで段階的に追加されていきます。
次回バージョンアップでは、「武器系」のクエストの一部が導入される予定です。
メイジャンの試練の例:武器系の場合
「メイジャンの試練」は、メイジャンモーグリに特定の武器をトレードするところから始まります。トレードした武器に対応したクエストがいくつか表示されるので、武器に付与したい能力やクエストの難易度などを考慮して選択します。クエストをクリアするとあらかじめ選んでおいた能力が武器に付与されます。

能力が付与された武器を再びメイジャンモーグリにトレードすることで、次の段階のクエストを受けることができるようになります。またいくつものクエストを並行して進めることもできます。

これを繰り返し、クエストをどんどん進めていくと、1つの武器から最終的には約80種類の異なる性能が付与された武器ができあがります。「D値」や「隔」などの細かい差異も考えると、1つの系統だけでなんと500パターンの性能が用意されています!

「メイジャンの試練」の中には「レリックの強化」や「ミシックの強化」ができる系統も予定されています。通常の武器系クエストよりははるかに難易度の高いクエストをオファーされますが、チャレンジする価値は十分にあります!

ジョブ調整

次回バージョンアップで導入される調整から今後のジョブの成長方針まで、全20ジョブに関する情報が発表されました。
全体的な方針
これまでのジョブ調整は、パーティの組みにくさ解消に重点を置いてきましたが、今回はエンドコンテンツへの参加しやすさ、各ジョブの役割という部分を中心に調整を行っていく予定です。

たとえば、モンスターを無力化する行為を特定のジョブの専売特許とせず、いくつかのジョブで可能にすることや、細かい状況に応じてジョブ毎の立ちまわり方が変わるような方法を検討しています。ジョブ毎の差を無くすのではなく、皆さんがエンドコンテンツにより参加しやすく、かつ参加した皆さんそれぞれが活躍していると思えるように、と考えています。

なお、今回の発表が今後のジョブ調整の全てではなく、必要に応じて装備品の追加やウェポンスキルの見直しなど、バトル全体のバランスに関わるような調整も都度行っていく予定です。レベルキャップの解放など、バランスへの影響が大きい要素も導入されるため、場合によっては今回発表した内容を見直してでも、皆さんに楽しく遊んでもらえるように調整を続けていきます。
次回バージョンアップで導入されるジョブ調整
【獣使い】
ジョブアビリティ「よびだす」で、今までよりも気軽にペットを呼び出せるように、以下の変更を行います。
「よびだす」に必要な従来のアイテムが、錬成のレシピにも追加され、ハイクオリティのアイテムを入手しやすくなります。
合成/錬成に必要な素材の一部が入手しやすくなります。
【召喚士】
召喚獣「アレキサンダー」と「オーディン」が追加されます。これに伴い、ジョブアビリティ「アストラルフロウ」は召喚獣を呼び出していない状態でも使用可能となります。
「アレキサンダー」と「オーディン」は、アストラルフロウの効果時間内のみ召喚可能です。召喚されると自動的に技を使用して帰還するとともに、アストラルフロウの効果が切れます。
召喚獣「アレキサンダー」
効果: 「絶対防御」により、パーティメンバーの被ダメージを軽減し、状態異常を防御します。

召喚士の残りMPに応じて「絶対防御」のダメージ軽減量やレジスト効果発動率が変化します。
召喚獣「オーディン」
効果: 「斬鉄剣」により、有効範囲内にいるモンスターを一撃で倒す。

対象がノートリアスモンスターの場合にはダメージのみを与えます。
召喚士の残りMPに応じて「斬鉄剣」のダメージや命中率が変化します。
範囲内にいるモンスターの数が多いほど命中率が下がります。
【からくり士】
からくり士自身の格闘スキルをCからA程度に引き上げます。
また、オートマトンが戦闘不能になりにくいように、以下の変更を行います。

・汎用と白兵戦のフレームの性能を見直します。
・アタッチメントの性能を見直します。
各ジョブの今後の調整方針
【戦士】
ジョブを比較・検討するうえで基本としているジョブですので、オーソドックスな動きが出来るようなアビリティや特性を用意してきましたが、今後はもう少し特徴的な動きができるように調整していく予定です。
例えばパーティ全体の立ち回りを円滑にしたり、崩れそうな状況を戦士がフォローできるような能力の追加を考えています。
【モンク】
周囲の状況に合わせてタイミングよく使うものや、パーティメンバーの様子を見て使うようなものを追加する予定です。
例えばタイミング良く使うことで敵の行動を阻害できたり、ジョブ特性「モクシャ」とは別に、与TPを軽減するようなアビリティなどを考えています。
【白魔道士】
回復のエキスパートとして、更に活躍できるよう調整をしていく予定です。
また、回復で忙しくなりすぎている部分を解消していくことと、それに加えて、回復を頑張ることでMPを消費することなく攻撃魔法を撃てるアビリティの追加などを検討しています。
【黒魔道士】
とにかく魔法を詠唱し、たとえ戦闘不能になったとしても魔法を使うのが楽しくて仕方がないという方向の調整を行っていく予定です。
どういった性能や強さになるのかは未定ですが、新たな魔法として「メテオ」の追加を予定しています。
【赤魔道士】
現状の強さやポジションを維持したまま、他の魔道士が追いついてくるのを待つような調整を行う予定です。
レベルキャップ解放に伴い、ジョブアビリティ「コンバート」や白魔法「リフレシュ」がサポートジョブでも使用可能になる予定ですので、
この影響でパーティプレイの際に赤魔道士が自由に動ける時間が増えるのであれば、その時間にやれることの追加を検討したり、ジョブとしての個性が弱くなってくるのであればフォローしたりと臨機応変に対応していきたいと考えています。
【シーフ】
パーティメンバーと協力をすることで動きの幅を広げるだけではなく、シーフが先に動くことでパーティの動きが円滑になるようなアビリティの追加を考えています。
また、ハイエンドコンテンツではアタッカーとして力不足な部分があるので、与ダメージの強化もあわせて検討しています。
【ナイト】
レベルキャップ解放に伴い敵も強くなっていきますが、現状のポジションを維持できるような調整を行っていきます。
加えて、ジョブアビリティ「かばう」の見直しを行う予定です。
【暗黒騎士】
瞬発力の高さと暗黒魔法にもっと魅力を持たせたいと考えています。
例えば暗黒魔法の使い勝手を良くしたり、魔法を使う頻度が増えるような調整を予定しています。あわせてMPの回復手段なども検討していきます。
【獣使い】
ペット呼び出し時間の延長や、ペットオリジナルの技の追加を考えています。
また、自分への敵対心をペットに移して、敵対心をコントロールするアビリティや、「あやつる」ことのできるモンスターの追加も検討しています。
【吟遊詩人】
より円滑なサポートができるよう、自分にかけた呪歌の効果を上書きしないような仕組みを作って、多少効果時間を延ばすような能力を追加したいと考えています。
あわせて防御力が低く戦闘不能になることも少なくないため、もう少し戦闘不能になりにくい手段を考えています。
また「練成」や「メイジャンの試練」などで、いくつかの楽器の効果を纏められるように検討しています。
【狩人】
アタッカーとしての性能を上げていきつつ、敵対心を自分自身でコントロールできる手段を追加する予定です。 また、性能で選んだ時に狩人らしい見た目の装備品をいくつか追加したいと考えています。
【侍】
アタッカーとして性能の高いジョブなので、他のジョブの与ダメージを伸ばしていきながら、侍にも新しい要素を追加していく予定です。
例えばサポートジョブの選択肢にバリエーションを持たせるための施策として、ジョブアビリティ「石火之機」の習得レベルをある程度まで引き下げつつ、侍自身には遊び方の幅が広がるような新たな能力の追加ができるよう考えています。
【忍者】
パーティメンバーと協力して、瞬間的に敵対心を上げられるような調整を行っていきます。
また、忍術「空蝉の術」のアイコンで残りの分身数が確認できるように変更する予定です。
【竜騎士】
まずは飛竜の魅力が増すような調整を行う予定です。
例えば飛竜の行動パターンのために、サポートジョブがある程度固定されていた部分の見直しを考えています。
また、新しいジャンプの追加も検討しています。
【召喚士】
既存の召喚獣への履行技追加を考えています。
また、レベルキャップ解放後に新召喚獣の追加を検討しています。
【青魔道士】
新しい青魔法と、セットした青魔法の組み合わせで得られるジョブ特性を追加する予定です。
アサルトやモブリンズメイズモンガーなど、ある程度任意のタイミングでHNMと戦える機会が増えてきたことから、それらのモンスターが使用する魔法の追加も検討しています。
【コルセア】
ジョブアビリティ「ファントムロール」への調整として、XIが出た時にもう少し嬉しさを感じられるような調整を行う予定です。
また、パーティプレイで活躍できるシーンを増やすために、銃の使い勝手を見直すだけではなく、コルセアならではの要素が入ったアビリティなどの追加を考えています。
【からくり士】
各オートマトンの特徴を伸ばしていきたいと考えています。
例えば、白兵戦用のホワイトキャンサーは、将来ナイトに匹敵する盾として使えるようにすること、などを検討しています。
【踊り子】
TPを貯めにくい状況とTPをワルツ以外に使用しにくい状況を改善できるようなアビリティの追加、サンバやステップの効果時間延長などの調整を行っていく予定です。
またワルツの対象に、パーティメンバー以外も選択できるように変更する予定です。
【学者】
アビリティによって魔法を上手に使っていくジョブですが、現状でも多くのアビリティが存在しているため、基本的には学者専用の魔法を追加していきたいと考えています。
使い勝手の良い魔法はもちろん、パーティメンバーに対する敵対心の状況が把握できる魔法など、学者ならではの要素を大事にしながら調整していく予定です。

レベルキャップ解放

次々回のバージョンアップより、レベルキャップを解放していきます!
段階的にではありますが、最終的にはレベル99まで上限が引き上げられる予定です。

これまでは、レベル上限を75で固定することでプレイヤーの強さの上限を決め、それに見合ったモンスターや、戦略性の高いコンテンツ、新しい装備品を導入してきました。

ですが、これまでのバージョンアップでコンテンツもある程度出そろい、ノートリアスモンスターもほぼ攻略された状況となったため、レベルキャップの解放を行うことにしました。
レベルキャップ解放に伴う懸念点
レベル上限があがることで、サポートジョブ、狩り場、メリットポイントなど、プレイヤーの皆さんが懸念されることも多いと思います。

サポートジョブに関しては、メインジョブのアドバンテージが失われづらいアビリティなどは、そのまま解放する予定です。また「メインジョブは更に持ち味を活かせるように/サポートジョブは状況に応じた選択肢がより増えるように」をコンセプトに、新たなジョブアビリティやジョブ特性、魔法の追加など、今後も調整を続けていきます。

狩り場については新エリアの追加を予定しています。その他にも、いくつかの既存エリアではモンスターの再配置を検討しています。

メリットポイントは、すでに導入されているものについて、バランスを見ながら能力値上限の引き上げを検討中です。今後、再びレベル上限に達した際には、新しいメリットポイントの追加を行う準備もしています。

アビセア

アドオン シリーズの最新3作品となるバトルエリア拡張コンテンツ「アビセア」が発表されました。

「アビセア」とは、ヴァナ・ディールのパラレルワールドです。
不思議な姿のモンスターの群れ、巨大なノートリアスモンスター、新グラフィックのハイレベルノートリアスモンスターなど、様々なモンスターが存在し、さらにこれまでに登場したモンスターも姿や能力を変えて登場します。


「エリアが占有されていて入れない」、「長時間の参加が必須」という状態が発生しない設計で、強敵との戦闘や装備品集めをパーティ単位で繰り返し楽しんでもらえるように想定し開発中です。各アドオンで数エリアづつ、広めのバトルエリアが追加される予定です。
詳細は随時更新予定の特設サイトをご覧ください。
バトルエリア拡張コンテンツ「アビセア」特設サイトは『こちら』。

FINAL FANTASY XIの今後

STFの活動
STFでは「ギルを抱えて永眠くん 」や「いもづるくん 」による取り締まりを継続的に行っています。その他にも、ワンタイムパスワードの導入、釣りの仕様変更、IPアドレスブロック、アカウントスクリーニングの強化など、不正行為、RMT行為に対して数々の対策を導入してきました。

その結果、根絶とまではいかないまでも、活動規模をかなり縮小させるまでに至り、ヴァナ・ディールの経済への影響はほぼ無くなってきたと判断しています。

しかしながら、業者の宣伝tellや、不正アクセスで乗っ取ったキャラクターでの詐欺など、未だ戦い続けなくてはいけない案件も残っていますので、今後も手を緩めることなく対応していきます。
ワールド統合
より快適にプレイしていただくため、3月のバージョンアップと同時に人口が少ない幾つかのワールドを統合する予定です。

― 統合案 ―
ワールド統合に関する詳細は、後日、ファイナルファンタジーXI公式サイトにてお知らせいたします。
ウォークオブエコーズ
これまで「アルタナの神兵」ミッションの、イベントシーンにのみ登場していたエリア「ウォークオブエコーズ」に行けるようになります。次々回のバージョンアップから2回に分けて導入する予定です。

「ウォークオブエコーズ」には、今後新たに用意されるハイエンドコンテンツの入口が設置される予定です。レベルキャップ解放を見据え、高レベルプレイヤー向けの新たなバトルコンテンツとして導入準備を進めています。

それとは別に、このエリアには「アルタナの神兵」ミッションのストーリー終盤でも訪れる必要があり、その進行に深く関わることになります。

新たなバトルコンテンツと「アルタナの神兵」ミッション、それぞれが独自の方向性を持ったものになりますので、楽しみにお待ちください。
ノートリアスモンスター
2009年11月のバージョンアップでは、結構な数のノートリアスモンスターを追加しましたが、今後もバージョンアップ毎により強いノートリアスモンスターなどを追加していく予定です。

季節イベント
今後の季節イベントに向けて、さまざまな調度品の追加を検討しています。
5月を予定している練武祭では、報酬として新規の調度品が2つ追加される予定です。その後の季節イベント用にも、さまざまなアイテムを準備しています。
さらにサービスインから8周年にあたる今年の冒険者さんありがとうキャンペーンには、新しいタキシードを用意いたします。

8周年を記念して行われるモグボナンザでは、以下のような賞品を予定しています。
Pandemonium Wardenから得られる戦利品をはじめ、いくつかの魅力的なアイテムが賞品に追加されます。
1等 リディル / クラーケンクラブ / ホフド / バルキリーフォーク / ボナンザクーポンA / アレスキュイラス
スカディクウィリ / 薄金腹巻 / マルドゥクジュバ / モリガンローブ / ノーヴィオピアス / 守りの指輪
シャドウマント / シャドウリング / ボナンザクーポンP恵比寿釣竿
2等 黒帯 / ベロシアスベルト / ホマムコラッツァ / ナシラマンティル / ボナンザクーポンX / 白虎佩楯
オーラムキュイラス / オラクルローブ / エンキドゥハーネス / ヘラルドゲートル / ジュワユース
剣の枝 / 五色の糸 / バードマンケープ
3等 オートクレール / セブンアイズ / ホマムコッシャレ / ナシラサラウィル / ボナンザクーポンB
バルバロッサゼレハ / アルゴル / トロッターブーツ / ボイジャーサリット / エルメスサンダル
スターサファイア / アルザビウーツ鋼 / バンピリッククロー / ボナンザクーポンL
4等 クロマ鉄鉱 / ベヒーモスの毛皮 / ダマスクインゴット / ダマスク織物 / モルダバイトピアス
バウンデングブーツ / 姫帝羽虫の髪飾り / ニーズヘッグの鱗 / ウーツ鉱 / オリハルコン
与一の組緒 / ヴィルマリング / オーディンの像
5等 ミラテテ様言行録 / ペストリペラント / 傭兵キャンプ参加券 / 秘密特訓場のカギ / 舞刀会の招待状
戦餐会の招待状 / アダマンタスの像 / ベヒーモスの像 / ファヴニルの像 / 闇の王の像
アレキサンダーの像
さらにその先のモグボナンザに向けて、このイベントで行ったノマドモグボナンザで初めて賞品となったレリック/ミシックや、旧貨幣、アレキサンドライトなど、バランスを崩さない程度に賞品のさらなる充実を検討しています。
錬成
これまでレシピの追加は、各合成スキルに対して行ってきましたが、今後は、それを錬成にシフトさせていきます。次回バージョンアップではワープ用のアイテムなど、いくつかのレシピを追加いたします。

また、今後はこれまでの合成という括りでは出せなかった、ジュークボックス、ギルドカウンターのような豪華な調度品や、良い性能/便利な性能の装備品などを、錬成のレシピとして追加していく予定です。いくつかの効果を1本にまとめた属性杖なども錬成できるように検討しています。

エヴォリスについても、今後のバージョンアップで全く新しいものを随時追加していく予定です。次回のバージョンアップからエヴォリスを入手しやすくするための緩和策として、トレジャー・キャスケットでも手に入るようにする予定です。
ジョブエモーション
今後のバージョンアップにて、ジョブごとに専用のエモーションが用意される予定です。

取得条件や取得後の使用制限など、まだまだ検討中の事項もたくさんありますが、それぞれのジョブにある「らしさ」をイメージして鋭意開発中です。

会場にてノマドモグボナンザの抽選がおこなわれました!
当せん番号はゲーム内のシステムメッセージにてご確認ください。
当せん者の方には、次回のバージョンアップ以降、それぞれのアイテムを宅配いたします。楽しみにお待ちください!

8周年を記念してこの日のために結成された「The Small Onions」。
水田直志(Bass)、依田彩(Violin)、谷岡久美(Piano)の3人からなるユニットが、静かな夜にゆっくりと聴きたいアレンジで、ファイナルファンタジーXIの楽曲を演奏しました。

皆さんにひとときの安らぎをお届けできましたでしょうか?

【演奏された曲目】
・Prelude
・Ronfaure
・Faded Memories - Promyvion
・Rolanberry Fields
・Ru'Lude Gardens

現在、鋭意開発中のファイナルファンタジーXIVでは、βテストに先駆けて、ファイナルファンタジーXIのプレイヤーを対象にしたαテストを行う予定です!

βテスターに当選された皆さんには、3/1(月)より順次ご連絡いたします。
※テスターサイトは3/11(木)に公開を予定しています。

第一回で選考に漏れてしまった皆さんにも、まだまだ当選のチャンスはありますので、楽しみにお待ちください。

©2002-2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.